【リペア】スクワイヤ ムスタング

スクワイヤのムスタングを、なんと頂きました。
画像


ネックのサイズが太くて弾きづらいということです。
ネックのりシェイプを勧めたのですが、細身のネックのムスタングがあるとのことでもう使わないと・・・

全体的に整備をします。

フレットにデコボコ感があったのですり合わせをします。
画像

フレットの接着を行った後にすり合わせです。

フレットの形を整えるのは指板を保護してから。
画像


こちらの楽器、パーツが各所取り換えられていますが、その時に弦アースが取れてなく、弦を触ってもノイズが消えません。
ブリッジのところからアースを取りました。
画像


ブリッジはヘッド側からオクターブの調整ができるように反対側に取り付けました。チャー風です。
画像


ネック、ナット、弦高ブリッジ関係調整して完成です。
画像


ピックアップのフェイズイン、フェイズアウトの音が面白いです。
ピックアップも取り換えられていて、スクワイアとはいえカッチリした音がします。


この記事へのコメント

sss
2017年12月16日 00:12
はじめまして、ムスタングについて調べているうちこちらのブログを拝見させていただきました。実は私もスクワイアのムスタングを手に入れて調整して使っているのですが同じように弦アースが取れておらず困っていました。ジャック付近のプレートとスイッチ固定のネジ、リアピックアップのネジに触れるとノイズは無くなるのですが、弦やブリッジプレートのに触れてもノイズが取れない状態です。もしコメントを見ていただけたら解決方法をご教授願えないでしょうか?いきなりすみません、よろしくお願いたします。

この記事へのトラックバック