テーマ:ヴィンテージ

【リペア】フェンダー プレシジョンベース ’74

フェンダーのプレシジョンベースを預かりました。 ネックデイトより、1964年製の楽器です。 ナットの溝の調整をしました。 ローポジションの弾きやすさ、ピッチ感が改善されました。 ヴィンテージ楽器の、マジックのようなものを感じる楽器でした。 ポジションマークの痩せ具合、色がよいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 Fender JAZZ BASS '88

FenderのJAZZ BASS を預かりました。 基本的なネック調整、ナット調整、ブリッジ調整を行いました。 こちらの楽器1988年製で、カスタムショップのはじめ頃のものです。 ヘッド裏のデカールが初期の物です。 ペグが被っているのが??なところです。 ペグ変わっていたのかな?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【リペア】Tokai ハードパンチャー すり合わせ

トーカイのハードパンチャーを預かりました。 80年代初めのヘッドにスパゲティロゴの楽器です。 すり合わせ、全体の調整をします。 まずはすり合わせ。 指板を保護して作業します。 指板の様子が整いました。 ボディ側もクリーニングします。 各所調整して完成です。 古いですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 フェンダー JAZZ BASS ’78

フェンダーのJAZZ BASS を預かりました。 1978年製とのことです。 まずは、ペグ。 ビスがないところ、ネジ穴がスカスカになっているところが多数あります。 緩いところは一旦穴を埋めてあけ直しました。 ナットも溝を調整します。 ブリッジ周りを調整して完成です。 ズッシリとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】Tokai ハードパンチャー PG製作

Tokaiの ハードパンチャー を預かりました。 ピックガードの製作をします。 黒➡ミントアイボリーへの変更です。 外周をカットしてナナメに面取りしました。 仕上がりはややヤレた感じにということで、保護フィルムが貼っていない方を表面にしました。 裏はピカピカです。 取りつけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 fender テレキャスター’73 シールディング

フェンダーのテレキャスターを預かりました。 ノイズが気になるとのことで、対策のためシールディングをします。 まずはピックガードから。裏面にアルミシートを貼ります。 コントロールプレート、ブリッジ等を取り外し、ボディだけにしました。 ザグリを見ると、塗料がたっぷり塗られています。 ネックポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 フェンダー テレキャスター ’62

フェンダー テレキャスターを預かりました。 木部以外は取り換えられているようですが、1962年製です。 しばらく弾いていなかったとのことで、すり合わせ、全体調整をします。 フレットの状態はあまりよくなく、指板からの浮きが目立ちます。 指板への密着を良くした後、すり合わせです。 フレットの形を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】フェンダーUSA プレシジョンベース’74 ノイズ対策

フェンダーUSAのプレシジョンベースを預かりました。 こちらの楽器、ノイズが多めとのことでノイズの対策をします。 その前にネックの様子を整えます。 フレットの接着をして、すり合わせをしておきます。 さて、ノイズ対策です。 ピックガードを外してみると、この時代にはあったであろう金属板が挟まっていません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 フェンダー JAZZ BASS ’65

フェンダーのJAZZ BASS ’65年製を預かりました。 ネックデイトに65って書いてあります。 ナットの接着とネック調整をしました。 いい音をしています。 表面の具合も格好良いです。 レオフェンダーは何というものを作ったのでしょう!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】トーカイ ハードパンチャー

トーカイのベース、ハードパンチャーを預かりました。 入手されたばかりとのことで、フレットのすり合わせと全体の調整をします。 フレットの凸凹によるビリつきが出ていました。 フレットのすり合わせです。 フレットの施工前に指板面を艶消し風に加工しておきました。 ネック裏も同様に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 ギブソン SG-200 フレット交換

GibsonのSG-200を預かりました。   シングルコイルピックアップでピックガードがLP的な珍しいモデルです。 1970年代初頭の楽器なので40歳超えです。 ブリッジは取り換えられているようです。 フレットが削れて低くなっているので交換を承りました。 まずはフレット、ナットを取り外します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 FENDER JAZZ BASS ’65

フェンダーのジャズベースを預かりました。 今年の春頃にちょっとお持ちいただいた1965年製の楽器です。 フレットのすり合わせ、全体の調整を承りました。 フレットの指板への密着具合悪くないようなので、そのまますり合わせをします。 以前にフレットは交換されているようですが、多少の凸凹感がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 フェンダーUSA プレシジョンベース ナット交換

フェンダーUSAのプレシジョンベースを預かりました。 渋いルックスをしていますが、パーツから見るとボディが1960年、ネックが1963年製のようです。 見た目通りのヴィンテージ楽器です。 今回こちらの楽器、ナットを交換します。 前のオーナー様がナットをブラスに交換していて、このなりでブラスはどう?ってことで牛骨に換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】KAY model 5935 サドル調整

KAYのベース model 5935 を預かりました。 こちらの楽器、1950年代の終わりの物とのことです。 ホロウ構造のため軽く、響きがよいです。 ブリッジ周りの調整をします。 元のブリッジはこんな感じ。 音程的に厳しいとのことでブリッジをご持参でした。 固定式でないので、ブリッジの位置を後ろに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【リペア】 ギブソン ES-175 ポット交換

ギブソンのフルアコ、ES-175を預かりました。 1953年製のヴィンテージギターです。 パーツの交換や修理歴が結構あってお得価格で購入されたとのことですが、 音はさすが、しびれます。 今回は動きの固くなってしまったポットの交換をします。 オレンジジュースがかかってしまったとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FENDER JAZZ BASS 1965年製

以前この近所にお住まいで、昨年引っ越された方が遊びに来ました。 この辺りのお友達と逢うとのことで立ち寄ってくれました。 その際、最近入手したというJAZZ BASSを持参されまして。 1965年製とのこと。 ばーん カッコイイですねー フレットとコントロール関係が交換されているとのことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more